ジュラシックショコラの「買い替え」ならこのお店です オールドチョコレートのレビュー 2017年度 ディグアップ

いいかげんマンネリ化したバレンタインに一石を投じる(←大袈裟ですね〜笑)アイディア料と割り切りって購入しました。チョコのお味の方は見た目の幼稚さと違ってマイルドビター!最近流行の生チョコ風じゃないハードな歯ごたえで美味でした。こちらは説明書どおり作るとかなり手間が掛かる(発掘の100倍以上大変!笑)ので大変そうでしたが、私的には砂粒上のチョコをそのまんま発掘用についてきたミニミニスコップですくって食べる方が美味しいとおもいました…爆笑〜♪。

こちらになります♪

2017年01月26日 ランキング上位商品↑

オールド チョコレート ジュラシックショコラ ディグアップ【恐竜】【オールドブック仕様】最高級チョコレートを使った、割って!掘って!楽しむチョコレート★ジュラシックショコラ【ディグアップ&パズル】(チョコレート)【お子

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

注意書きにある通り!新聞紙なり紙を敷いて作業するのをお勧め。もう少しマニアックな工夫が(パーツの細かさとか!組み立てにもうちょっとパズル性があってもいいんじゃない?風の工夫)が欲しいと思いました。冬場なのでささっとブラシで集められますが!暖かいと溶けて服や家具を汚しそうなので。見た目は豪華です。説明書にあるように、砂状チョコはホットチョコにして大変美味しかったです。でも喜んでくれたのでよかったです。ハリーポッターに出てきそうな!テンション上がります。息子へのバレンタインですが、かなり大奮発でした。傍で見ていた私は思わず溜息つきながら「簡単すぎるっていうか・・・三葉虫とかのほうがオウム貝の方がもうちょっと喜ばれそうだよね?」なんつー御バカな突込みをしていました。砂粒上のチョコ(この中に化石チョコが埋まってます)のオススメの味わい方であるホットミルクチョコを一生懸命つくってました。砂に見立てた粉末チョコが意外にに飛びます。値段的に言っても幼稚園児用のバレンタインチョコじゃないですから。外装は秘蔵本風でなかなかの見栄え・・・んで!中身ですが・・・ショボイ・・・何でもいいからチョコ欲しい派の旦那は!楽しんでるムードを必死に演出してくれましたが!それが見え見えでちょっと笑えましたが。子供にはお高いプレゼントですが、自分もやってみたい、食べてみたい!という馬鹿な親でした(笑)それにしても高いなぁ(^^;見た目は立派な辞書のような箱。大人向けではなく!子供にも良い商品だと思いました。箱がとっても高級な感じです。その手間はありますが!発掘は楽しいし!子供も大喜び。中はチョコの入ったケースとブラシやスプーンなどの道具。チョコもビターで上品な味。みんな大喜びでした!童心に戻り、楽しんでもらえたようです。チョコはあまり好きじゃない息子も食べてました。今年!小学生になる甥っ子にプレゼントしたところ!大変喜んでくれ「早くやってみたい!」と興奮気味でした。主人は生チョコが苦手なので、見た目のショボサに反する味わいに喜んでくれている様子でした。高いとは思いますが、ラッピングやチョコそのものの趣向をこらした作りで贈答には打って付けかと思います。